廣島県神ジャロウガー
廣島県神ジャロウガー

ストーリー

廣島県神ジャロウガー

人々が平和に暮らす広島。

そこに悪の結社“ ブチワリー ”が現れ、平和を脅かし始めた。
彼らの目的は、広島を自分たちのものにすること。(居心地が良いため)

お好み焼き屋でバイトをし、のんびり暮らしていた安芸山ブン太の前に、ある日、神の遣いの鹿 “ キヌガサ ” が現れた。
彼はブン太に「広島を守ってほしい」と懇願する。

「わしが、…広島を…?」

かつて広島の地を守り抜いた神、“ ジャロウガー ”に変身する力を手に入れることになったブン太は、ブチワリーの野望を打ち砕き、このまちの平和を守るため、今立ち上がった。